財団案内

ACCSとは?

ACCSは、1981年に設立し、公的機関の下部的組織として、主として研究学園都市建設に伴う放送の受信障害対策事業を進めてまいりました。
しかし、受信障害対策事業がほぼ終了した1990年代後半になると、通信技術の驚異的な発展によって市民生活も大きな変化を遂げ、放送の一層の多チャンネル化や高度な通信サービスの提供という要望が大きくなってきました。

このような社会の変革にあって、ACCSも、皆様に身近な役に立つ機関として自立することを目指し、業務改革、内部改革を行い、サービスエリアを拡大するとともに多チャンネル放送の充実や通信サービスの開始・充実、ポータルサイトの運営など新たなサービスの提供に努めてまいりました。

ACCSは、今後ともつくば地域の情報化推進の中核を成す「総合メディア機関」として、技術の進展と地域・市民のニーズを的確に捉え、新しいサービスの開発と提供を積極的に進めて、つくば地域の発展に寄与してまいります。

ACCSの目的

テレビジョン放送の受信障害を解消するための有線テレビジョン放送施設によるテレビジョン放送の再放送に関する業務を行うとともに、その他の一般放送及び通信サービスの提供等を行うことによって、研究学園都市及びその周辺地区の都市機能の維持向上及び事業提供地域の情報化の進展を図り、もって当該地域の発展に寄与すること

ACCSの事業

(1)放送法に基づく一般放送事業のうち有線一般放送
(2)電気通信事業法に基づく電気通信事業
(3)放送番組及び情報コンテンツの企画、制作、提供及び販売
(4)一般放送及び電気通信の業務に関する施設・設備等の整備及び維持管理
(5)前4号に付帯する事業
(6)その他この法人の目的達成に必要な事業

Top