沿革

1981年8月財団法人研究学園都市コミュニティケーブルサービス設立
12月郵政大臣より、有線テレビジョン放送施設の設置許可
1982年5月ケーブルテレビ施設の設置工事着手
1983年2月郵政省に業務開始届を提出、再送信サービスを開始
1985年3月わが国初の多チャンネルサービスを開始、自主放送「ACCSチャンネル9」放送開始
1987年8月MCA/Cシステム(加入者のパソコンによるデータ通信)の開発、実験運用
1993年3月受信障害対策事業の最終的対象区域を決定
1995年3月桜柴崎地域でサービス開始
1996年7月CATV高度化計画に関する調査研究を開始(600+R方式の開発)
12月ケーブルテレビ施設のHFC化及び高度化事業の工事着工
1999年6月CATV高度化計画に関する調査研究の完了
9月郵政大臣より、第一種電気通信事業の許可
2000年4月インターネット接続サービスを開始(通信速度512kbps、プライベートIP)
(その後、通信速度6Mbps、グローバルIPに変更)
6月ケーブルテレビ施設のHFC化及び高度化事業の完了
9月郵政大臣より、つくば市全域及び茎崎町へのサービスエリア拡大の許可
2001年4月谷田部地域でサービス開始
以降、下広岡地域・茎崎町高見原地域等でサービス開始
2002年11月つくば市・茎崎町が合併
2003年4月自主放送「チャンネルつくば13」を追加、放送開始
(その後、「チャンネルつくば702」に変更)
8月ポータルサイト「つくばもん」の運用開始
10月桜北地域・東光台地域等でサービス開始、IP電話サービスを開始
2004年3月ACCSnet通信速度20Mbpsの高速サービスを追加
(その後、通信速度を30Mbpsに変更)
12月ACCSTVデジタルサービスを開始
2005年8月つくばエクスプレス開通
9月研究学園駅中心地区でサービス開始
12月大穂東・栗原地域等でサービス開始
2007年3月みどりの駅前開発地区でサービス開始
6月大角豆地区の一部において、FTTHの試験運用を開始
12月栗原台坪地区でサービス開始
2009年2月固定電話サービス「ケーブルプラス電話」開始、万博記念公園駅前開発地区でサービス開始
2010年4月水守・小白硲地域でサービス開始、ポータルサイト「つくばもん」全面リニューアル、
コミュニティ放送「ACCSチャンネル9」を「テレビつくば11」に改称しハイビジョン放送に移行、L字放送システムを導入、「ACCSメディアプラザ」イーアスつくばにオープン
5月つくば市新庁舎開庁
7月ACCSnet100Mサービス開始
9月片田地区でサービス開始
10月ACCSTVデジタルデラックスサービス開始
2011年3月東日本大震災、東日本大震災に伴う情報提供等をコミュニティチャンネル・L字放送システムで実施、NHK海外向けテレビ国際放送「NHKワールド(英語放送)」を放送
4月ACCSTVデラックスサービスにて一部チャンネルのハイビジョン放送を開始
7月柴崎地区・吉瀬地区でサービス開始、地上アナログ放送終了、地上デジタル放送をアナログ方式に変換して配信するデジアナ変換サービスを開始、ACCS30周年記念・東日本大震災支援NHK交響楽団コンサート実施
8月創立30周年
11月春日センター改修工事(2012年3月完了)
12月山木地区でサービス開始
2012年4月春日センターへのケーブル敷設用管路整備工事(2012年10月完了)
2013年4月一般財団法人へ移行
10月FTTH方式による施設更改を開始(第1期2014年3月完了)
12月「ACCSスマートテレビ」サービス開始
2014年4月料金・契約情報WEB照会システム「マイページ」提供開始
5月FTTH方式のインターネットACCSnetひかり300サービス開始
7月地上デジタルで自主放送「チャンネルつくば10」を開始(自主放送「チャンネルつくば702」は終了)
10月FTTH方式のインターネットACCSnetひかり50サービス開始、ACCSTVデジタルプレミアサービス・アラカルトサービス開始
2015年3月デジアナ変換サービスを終了
6月自主放送「テレビつくば11」の一部番組を、動画配信サービスYoutubeで提供開始
12月ACCSTVデラックスサービスとプレミアサービスを統合
2016年1月NTT東日本「光コラボレーションモデル」による光サービスを開始
2月FTTH方式のインターネットACCSnetひかり300を増速し、ひかり1000に変更
7月生活サポートサービス「生活あんしんサービス」の提供を開始
10月事務所を、UR都市機構ビルから、つくば三井ビルへ移転

 

Top