お知らせ

「ウイルスバスター 月額版」の脆弱性と修正プログラムの提供について

【2011/3/2 続報】

2011年2月24日、トレンドマイクロ社のページの記述に、修正モジュール適用手順が追加されました。
2月24日以前の手順にて修正モジュールを適用された方は、新しい手順にて、再度修正モジュールの適用をお願いいたします。

トレンドマイクロ サポートページ
ウイルスバスターにおける任意コードの実行を許可してしまう脆弱性について
http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078725.aspx

<変更箇所>
手順(1)でファイアウォールチューナーを有効にする手順を追加しました。
手順(5)でファイアウォールチューナーを無効にする手順を追加しました。

※ウイルスバスター2011をご利用のお客様のみが対象となります。
※修正モジュール自体に変更はありません。

【2011/2/18】

平素よりACCSnetをご愛顧いただき、ありがとうございます。

一部メディアで報道されております通り、トレンドマイクロ社製の総合セキュリティーソフト「ウイルスバスター」の一部機能に脆弱性が発見されました。ACCSnetのオプションサービス「ウイルスバスター 月額版」にも、同様の脆弱性が存在します。

この脆弱性に関する修正プログラムがトレンドマイクロ社から提供されておりますので、「ウイルスバスター 月額版」をご利用のお客さまは、トレンドマイクロ社の下記ページをご確認いただき、修正プログラムを適用していただきますよう、お願いいたします。

トレンドマイクロ サポートページ
ウイルスバスターにおける任意コードの実行を許可してしまう脆弱性について
http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2078725.aspx

  • この修正プログラムは、自動アップデート機能では適用されません。お手数ですが、お客様ご自身で適用の操作をしていただきますよう、お願いいたします。
  • 2/18日現在、新規に「ウイルスバスター 月額版」をダウンロードした場合でも、本脆弱性が存在するものがインストールされます。インストール後に修正プログラムを適用してください。
  • 「ウイルスバスター for Mac」には本脆弱性は存在しません。
  • 「ウイルスバスター 月額版」の2009以前のバージョンにつきましては、既にサポート期限を過ぎており、修正プログラムは提供されません。最新版へバージョンアップしてください。
  • 通常版の(月額版でない)ウイルスバスターにも、同様の脆弱性があります。通常版をご利用のお客さまも、トレンドマイクロ サポートページをご確認いただき、修正プログラムを適用することをお勧めいたします。

「ウイルスバスター 月額版」の技術サポートに関しましては、トレンドマイクロ社にて月額版専用のサポート窓口を設置してございます。不明な点がございましたら、こちらへお問い合わせください。

ウイルスバスター月額版お問い合わせ先(ACCSnetからのみアクセス可)
http://www.accs.or.jp/accsnet/vbmulti/vbmultiinq

Top