お知らせ

新しい年を迎えて

ACCSをご利用いただいておりますつくば市の皆様、明けましておめでとうございます。本年も、皆様方におかれましては幸多い年でありますよう心からお祈り申し上げます。

さて、昨年初頭から国内で感染者が出始めた新型コロナウイルスは1年が経過した今でも、引き続き感染リスクが高い状況です。茨城県、特につくば市を含む一部の地域は、昨年暮れの時点では厳しい状況が続き、先行きが不透明になっています。日々奮闘されている医療従事者の方々には改めて敬意を表します。

昨年は、コロナ禍において各種イベントが中止や延期になりました。中でも、昨夏開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックが今年に延期になったのをはじめ、大規模なスポーツや音楽等のイベントが次々に中止。つくば市でも毎年8月下旬に開催されている「まつりつくば」などの年中行事が取り止めとなり、影響が出ています。このような中にあって、感染拡大の防止と社会経済活動の両立を図ることが肝要です。生活様式も変化し、3蜜(三つの蜜)を避けて手洗い、うがいの徹底などのほか、仕事の面ではテレワークの活用が浸透しており、こうした取り組みは感染拡大の防止対策として定着しているところです。

また、今年は茨城県にも甚大な被害をもたらした「東日本大震災」から10年になります。未曾有の災害に直面した経験を、いま一度考え直す節目となるのではないでしょうか。

私どもACCSは、つくば市民の日常生活に欠かせない役割を担っていることを自負しております。関係者皆様のご理解、ご協力を得まして地上波デジタルの再放送や多チャンネル放送、インターネット、ケーブルプラス電話等の各種サービスを提供しており、将来を見据えた取り組みを行っているところであります。

コミュニティチャンネル「テレビつくば11」は、地域密着の番組づくりを心掛けており、引き続き市民に親しまれる番組編成に努めます。

自然と科学が融合したつくばの地で、ACCSは、放送と通信の分野で先進的なサービスの提供を念頭に事業を展開していく所存です。加入者の皆様の利便性を高めるため、サービスの一層の向上を目指して参りますので、今後ともご愛顧の程、どうぞ宜しくお願いいたします。

ACCS理事長 髙田 順一

Top