コミュニティチャンネル

番組情報

横浜ミストリー

放送日

11月26日(月)~12月2日(日)/12月24日(月)~31日(月)

放送時間

11:30/21:00

番組内容

横浜・川崎の歴史(ヒストリー)に潜む謎(ミステリー)を解き明かすエンターテイメントシリーズ番組。
「ミストリー」とは「ヒストリー」と「ミステリー」を合わせてつくった造語。その名の通り、横浜・川崎の歴史(ヒストリー)を紐解き、そこに潜む謎(ミステリー)を解き明かしていくシリーズ番組です。
地域に潜む知られざる真実を、丹念な取材や関係者へのインタビューなどから迫真に迫る、地域密着のケーブルテレビならではの番組。
番組がすすむに連れ、徐々に謎が解き明かされていき、その真実が露わになるドキドキワクワクのエンターテイメントに仕上げたユニークな番組です。

11月の放送
川崎・鶴見にやってきたウチナンチュー~小さな沖縄がある町~

2017年の観光人数が939万人とハワイを初めて上回った沖縄県。
今では日本屈指の観光県と呼ばれています。そんな沖縄の空気を感じる街が川崎市と横浜市にあります。
特に横浜市鶴見区にある仲通り商店街近辺には沖縄物産を扱う店や沖縄料理などが多数並ぶことから「リトル沖縄」または「沖縄ストリート」と呼ばれていて、2001年に沖縄を舞台にした連続テレビ小説「ちゅらさん」が放送された時には、沖縄まで行けない人たちが県外からも多く訪れ賑わったそう。
今回番組では遠く離れた街に沖縄の風情や文化が根付いていった歴史をお届けします。

12月の放送
横浜石鹸ことはじめ~堤磯右衛門と石鹸工場~

幕末「日本を洗濯いたし申し候」と言ったのは坂本龍馬だが、その同じ時代に文字通り日本を洗濯しようとした男が横浜にいた。
その名を堤磯右衛門といい、代々磯子の名主を務める人物であった。磯右衛門は独自の方法でその製造方法を考案し、日本の石鹸メーカーの先駆となり、広くその方法を後世に伝えた。日本が世界に誇る化学工業も実は出発点は横浜であった。
堤磯右衛門の製造した「堤石鹸」とは?堤磯右衛門はどうやって製造方法を発見したのか?など知られざる謎に迫る。

毎年仲通り商店街で行われる道じ

堤石鹸ラベル

堤石鹸ラベル

Top