お知らせ

「WPA2」の脆弱性に関する情報

平素よりACCSのサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

インターネットに接続するために利用されている無線LAN(Wi-Fi)の暗号化技術「WPA2」において、
「KRACKs」と呼ばれる脆弱性があるとの発表がございました。
本脆弱性が悪用された場合、無線LANの通信範囲に存在する第三者により、通信の盗聴が行われる可能性があります。

・ACCS提供のWi-Fiサービスの影響について
ACCSnetオプションサービスで提供しておりますWi-Fiモデム(BCW700J、BCW710J、BCW720J)は本脆弱性の影響を受けません。
また、ACCS光(N)(光コラボレーション)サービスでオプション提供しております無線LANカードにつきましても本脆弱性の影響を受けません。

お客様所有の無線機器(パソコンや、スマートフォン等)の脆弱性情報は、恐れ入りますが各メーカーにお問い合わせ下さい。

Top